積み重ね

 

ピアノコンクールに入賞した人だけが参加する
「ピアノコンサート」。

昨年のコンクールで入賞した娘ちゃんが参加予定。
1月末。近づいてきました。

娘ちゃんと必死に練習中。演奏は、ギロックの
フランス人形、ドラゴンフライ、海の風景の3曲。
このうち2曲がとにかく難しくて・・・。

何度弾いてもうまく弾けないとき、娘ちゃんはイライラして、
くやしくて「イィ——–」っとなるんだけど、
そんなとき、いつも

「たった20回 30回弾いたぐらいで出来ないからって、あきらめるなー!
1000回弾いても弾けなかったら、仕方がないねー、と言うけど、
まだまだ、あきらめるには早い!自分に負けるな!」

と大声で娘ちゃんに言ってしまう。

あぁ、まだ6歳の子どもなのになぁ、と後で思うけど、
ピアノをやっている理由のひとつは、

「努力を積み重ねる経験を繰り返すこと。
努力する力をつけること」

なので、心を鬼にして、毎日練習しています。

だけど、自分に負けるな!と娘ちゃんに言いながら、
「わたし自身はどうなんだ?」
というちょっと後ろめたい気持ちがあるのは、

ここだけの秘密(苦笑)

 

 

2016年 ピカイチだった絵本

 

娘ちゃんに「本を好きになってもらいたい」
と願って毎晩いっしょに絵本を読んでいます。

絵本は図書館をフル活用。
週に一度20~30冊借りる生活をはじめて
約9か月。

質のよい絵本を読みたいので、
amazonや絵本ナビで各絵本の評価をチェックして、
好評価の絵本を図書館のウェブサイトで予約。

自宅で読みたい本を予約できるなんて、
いまどきの図書館、本当に便利♪

2016年4月から12月までのあいだに読んだ
600冊ほどのなかで、ピカイチ!だった絵本がコチラ。

3びきのかわいいオオカミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「3匹の子豚」のパロティなんだけど、
絵が面白くかわいい上に、お話の締めくくりがとっても素敵。
笑いながら、でも奥深いテーマに考えさせられます。

大人が読んでも楽しめる。
子どもより、ぜひ大人におすすめしたい絵本。

娘ちゃんのためにはじめた絵本の読み聞かせだけど、
最近は、わたし自身が色々な絵本との出会いにワクワク。
毎夜、読むのが楽しみになってきた。

さまざまな本に、興味あるテーマに
自由に出会える場所、図書館。お世話になっています。

なんなら、2~3日、図書館に寝泊まりして、
思う存分本を楽しみたい気分。

本との出会い、本だからこそ感じる広い世界、
学べる知識、夢。この楽しさが、娘ちゃんにも伝わりますように。

 

 

 

 

20年ぶりの

 

年末、20年ぶりにスキーをしました。

写真は、夫と娘ちゃん。

「スキーって、こんなに足が痛いんだっけ?」

と遥か昔の感覚を思い出すのに時間がかかったものの、
リフトに乗って上へ登り、ヘタながらもなんとか
滑り下りることができて、ホッと・・・。

娘ちゃんは、1日半、スキースクールに入り、
2日目の後半には、リフトに乗っても怖がることなく、
山の上からゲレンデをひとりでスイスイ滑ることができるようになり、
子どもの学ぶ力と早さに驚くばかり。

スキーにハマった娘ちゃんは「もっと滑りたい、また行きたい」を連呼。
2月にもう一度家族でスキーへ行くことになりました。

雪の上をすべるのは、とっても気持ちがいい。

わたしも、もっと上手になりたいわ。2月が楽しみ♪

 

 

2017年はじまりは親離れ

 

あけましておめでとうございます。

2017年、はじまりましたね。

我が家では、大きな変化が。
娘ちゃん(6歳)が、一人でおじいちゃんおばあちゃんの家へ
お泊り!大晦日から2日まで。

大好きな従姉のおねえちゃんが一緒とはいえ、
ママからくっついて離れず、人見知りが人一倍強くて
よく泣いて、恥ずかしがり屋だった娘が!

一人でお泊り!

元旦の朝ににおじいちゃんおばあちゃんの家へ行くと、
一晩無事にお泊りして、
満面の笑みで迎えてくれた娘ちゃん。

あぁ、大きくなったなぁ。

 

「ママは大きくなったら何になりたいの?」
と娘ちゃんに聞かれたのは、約2年前。

彼女は確実に大きくなり、出来ることが増え、
成長しています。

わたしは・・・、大きくなったら(これからの未来)
何をしたいのか、大げさに言えばどう生きていきたいのか
元旦から、むむむ、と考える2017年のはじまり。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

みなさまの幸せを心から願って。

 

自分は自分 をたいせつに

 

FacebookをはじめとするSNSに嫌気がさして、
更新するのが億劫になり、ほぼ1年ほったらかし状態。

「しばらくお休みします」ぐらいのメッセージは入れておけばよかったな
と反省しています。

SNSに嫌気がさした理由は2つあり、

・自分を必要以上によくみせたい、と思ってしまい、
いわゆる「話を盛る」ような投稿をしたいと思う自分がイヤだったこと。

・他の方の投稿を見て、自分と比べて、
今の自分が「イマイチの毎日なんじゃない?」と思ってしまう自分が
イヤだったこと。

結局のところ、わたし自身の心の持ち方が問題でイヤだと思う気持ちが大きくなり、
SNSの利用を一時中止することに。

自分は自分、人は人

という、自己肯定感を高める上でも基本中の基本を
もう一度しっかりと見つめなおすべく、
この1年、考えや行動は表に出さず、静かに過ごしておりました。

これまで、数年間 毎日メールマガジンを書いたり、ブログを更新する際に、
かなりオープンになんでも書いていたけれど、
「何を書くのか」ということが、わたしのなかでちょっと
曲がり角に来ているような気がします。

四十不惑 四十歳で迷わなくなること。

には程遠いけれど、迷っても迷っても、考え抜いて
納得のいく選択を繰り返していきたいと思う大晦日でした。

みなさまも、どうぞよいお年を。