前進

 

仕事のできる人は、

・グズグズ文句を言わない
・決断がはやい

は大前提として

・どうやったらできるか

を考えます。

できない理由を並べない。言い訳をしない。

これは、わかっていたことだけど、
最近さらにワタシの中で加わったのは、

・変えられることと変えられないことを分けて考えられる

仕事でも、これ、大事。

自分でコントロールできないことを
いつまでも、それこそグズグズ考えていても仕方がないんですよね。

だって、変えられないんだから。

いい意味で割り切る。次を考える。

そういう人になりたいと思うし、
そういう人と一緒に仕事をしたい、と思います。

自分への戒めも込めて…。

手前味噌ですが、若干23歳の新人サキちゃんは、
↑この辺のことは、よくわかっていて、

ワタシの23歳のころとは、ずいぶん違うなぁ。。。

と思うこともしばしば(笑)

社内のだれよりも
「あなた、大人やねぇ」と思うことがよくあります。

いつでも、どんなときでも、前進、前進。
大事なことです。
 

小冊子

 

先週から、小冊子を作っています。

作っている、というより書いていると言ったほうが正確ですね。

どんな内容にしているか、具体的なお話は
まだ内緒ですが、

簡単な内容にするつもりが、
あれも、これも、と欲がでてしまい、

ずいぶんと、充実した内容になってきました(自画自賛)

なんとか、今日、明日で完成させたい!
いやいや、完成させないと!

出来上がったら、ご希望の方にお配りする予定ですが、
今回は、あまりオープンにせず、

今後のために、本当にその情報、今すぐ欲しい!
とニーズのある、本気の方にだけ、お渡ししたいと思っています。
(出し惜しみをしているようで、スミマセン・笑)

さぁ、午後も、ひとがんばり。

しっかり小冊子まとめあげてしまいましょう。

がんばれ、ワタシ!
 

プレゼント

 

先日、はじめてお会いしたお客さまと名刺交換をさせてもらったとき、
ワタシの名刺の裏側をご覧になって

「家庭菜園をされているんですね!」

とお声をかけていただきました。

ワタシの名刺は、裏側にプロフィールをギッシリかいてあるので、
そこから、今回のようにいろんなお話に広がることがあります。

これが、とってもうれしい♪

で、その次に

「弊社で発行している家庭菜園の本があるので、
 お送りしますよ!」

と言ってくださり、翌日には、早々に、
心あたたまるメッセージとともに、とっても素敵な本を送ってくださいました。

写真はキレイだし、読み応えはあるし、
がぜん、今年の春からの家庭菜園、やる気がわいてきます!

Tさま、ありがとうございます!

今年の春、家庭菜園をしている時間があるかどうか?
若干不安はあるけれど、

とれたての野菜のおいしさは、忘れられない。

事前に準備をしっかりしておいて、
あとは、オットにお願いしよう。(すっかりその気)

とれたてレタス、ミニトマト、今年の収穫も楽しみです。

 

子どものころから、そそっかしくて、忘れっぽくて、

今、手に持っていたものが、いつの間にか魔法のようにl消えてなくなる
という現象を、数えきれないぐらい体験してきて…

自分の性格をなおす努力をするとともに、
未然に紛失事件を防ぐべく、

大事なものには、すべて「鈴」を付ける変なクセがついてしまいました。

たとえば、

・イコカ と ピタパ(電車に乗るときに使うカード)
・携帯電話
・USBメモリ

その他もろもろ。

その結果、ワタシがかばんを持ち歩くと、やたらと鈴の音がして、
なんだか、うるさい…。

特に、携帯電話に付けている鈴。
歩きながら携帯電話で話をすると(本当はダメですよね)

鈴がチリチリなって、相手の声が聞こえにくい(涙)

紛失防止の鈴をとるか、うるさいからとってしまうか、

悩ましいところです…。

当然ながら、自宅には「鈴」の買い置きが山のようにあります。

        ↑こんな人もめずらしいだろう…。
 

ラスト授業

 

この春から講師としてお世話になっている
駿台観光&外語専門学校 2009年度 ラスト授業でした。

今日は、テストの返却。

テストの答案用紙を受け取るときの生徒たちの顔、可愛い。(笑)
あのドキドキした表情、うん、その気持ち、わかる、わかる。

テストの回答をひととおり説明したあと、
就職活動の話などをしていたところ、

「他に質問はないですか?」

の問いかけに

「先生は、結婚するとき、この人だ!ってビビっときたんですか?」

というオマセな質問が飛び出し、先生たじたじ。

そうね、あなたたちよりも先輩なんだから、
私の結婚話、聞かせてあげようじゃないの!

と、ラスト5分ぐらいで大サービス。

なぜか、いつもの授業よりも数段盛り上がる。

生徒たちが楽しそうに話をしているのを見て、
うれしくもあり、

授業中より盛り上がる雰囲気に、ある種、複雑な気分にも(笑)

恋愛 とか 結婚 とか、興味ある年頃ですもんね。

それにしても、生徒は可愛い。

みんな、なんとしても就職先を決めて、
ホテルマンになってもらいたいものです。

ほんと、いい子ばっかりですから。

駿台観光&外語専門学校 ホテル・ブライダル学科を、
ホテル就職課のみなさま、どうぞよろしくお願いします!