忘年会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘が生まれてから、夜の外出はできる限り避けていて、

いまが一番かわいい盛りの3才の娘と、一緒にお風呂に入って、

一緒にベッドに入って眠ることが、最優先の毎日。

よって、忘年会に参加する、ということも少なく、
加えて、今年は年末ぎりぎりまで、納品に追われていたので、

お昼のランチ忘年会の2件、キャンセルさせていただく

という、悲しい状況に(涙 明石さん、ごめんなさい!)

いまは、たまには外に遊びに行きたいなぁ、とも思うけど、
外に出れば出たで、娘のことが気になって、遊びに集中できないので、
結局は、家にいるのが一番☆彡

 

今年、唯一の忘年会は高校生のころからのお友だち4人で、昨日ランチ忘年会へ。

正午から4時すぎまで、延々と4時間しゃべりっぱなし!
気持ちは高校生に戻り、しゃべるしゃべる。いやぁ、最高に楽しかった!

みんな全然変わってなくって、
だけど、「親の病気」とか「お肌の乾燥」とか

話題は、41歳、それなりに変化しつつ。(爆)

 

昔から知っているお友だち。貴重な、大事な存在です。

この忘年会があって、はじめて年を迎えられる。

くらも、でこ、てんちゃん、 ありがとう!

 

写真は、バラのカタチを目指したクッキー。
カタチ、イマイチだなぁ。リベンジしよう。

 

 

行く年くる年2013年 会社編

 

創業して、7年目の今年。あっという間に時間はすぎ、

年末に焦りを覚えつつ、振り返り、2013年 会社編。

 

1.どこまでもコンテンツ重視 ~ウェブサイト制作

たくさんのウェブサイトを制作させていただきました。
弊社を信頼し、ご注文をいただいたみなさま、本当にありがとうございます。

技術が進み、ビジュアルの表現方法が多様化し、
いかに美しく見せるか? が(お客様にとって)注目されやすいなか、

弊社は(私は)、美しさも大事、だけど、それ以上に
コンテンツ(文章)が大事、

という姿勢を貫いてきました。

画像をたくさん動かしたい、というお客様には、
ストレートに「おすすめできません」、とお答えし、
その理由をお答えしてきました。

見た目が美しくても、それはあくまでも表面的なもので、
いわゆる、メッキ。

具体的に魅力を語らなければ、それをユーザに理解いただかなければ、
決して心を動かし、来館はしてもらえない。興味をもってもらえない。

これが持論です。そして、それは来年もゆるぎないと思います。

だから、弊社は、ライティングをして原稿が校了になってから、
デザインを開始します。

ライティングの原稿内容によって、デザインが変わるし、
画像の選び方ひとつ、変わってくるからです。

SEO対策を考えても、コンテンツ、テキスト文字のボリュームは
非常に重要。

「検索エンジンで上位に表示させますよ」というような、
小手先の(サギまがいの)SEO対策なんて、ク○くらえ、と思っています。

嘘の、目先をごまかすような方法で集客するのではなく、
本当に力をつけて、未来につながる方法で、
ホームページで集客できる体制を作っていただく、

これが、私の、弊社の願いです。

 

2.インターネット広告

2013年度、一番力をいれて取り組みたいと思っている課題です。

小さな会場でも、零細企業でも、
本気で取り組めば、インターネット広告は、集客の強い味方になってくれる。

なかなかウエディング、ホテル業界にこの考えが受け入れてもらえず、理解してもらえず、
もどかしい想いを抱えた2013年。

ゼクシィには、数十万円をポンッと出すのに、
インターネット広告には、数万円しか投資できない、という考え。

それぞれお考えがあることは、百も承知。

だけど、本当にイイと信じていることは、
これからも、お客様に積極的にご案内していきたい、と思っています。

そして、ウェブマーケティングに長けた取締役が
日々がんばって運用してくれいるインターネット広告を、

会社として2013年度を締めくくるまで、あきらめず、
情報発信を続けていきます。

 

3.お会いする機会を増やす

はじめて、仙台 でのセミナーを開催しました。

今年は、直接お会いする機会を増やす というのも、
私なりにあげていたテーマのひとつ。

前半は、大阪、京都、仙台、福岡、名古屋でセミナーを。

定期的に、大阪でお勉強会を開催してきました。

お会いするからこそお伝えできることがある。
私たちを知っていただくことができる。

実は、2013年の後半、たくさんお仕事をいただき、
制作に時間を費やしたため、なかなかセミナーの開催ができませんでした。

これは、大きく反省。

2014年、は、2013年以上に、積極的にセミナーを開催します。

たくさんの人にお会いして、直接お話をさせてもらいたい、と思ってます。

 

3.組織

サムシングフォーは少人数です。

それぞれが、それぞれの分野で仕事をしています。

staffを増やせば、教える、管理する、という時間が必要。
ということに加え、

過去のイタイ経験から(苦笑)、

本当に、本気で、どこまでも、どんなときでも、
お互いに信じてお仕事ができる仲間
と思える人に出会えるまでは、安易に人は入れない、

と思い、新たにstaffを増やす、ということは
2013年はまったく考えていませんでした。

これはこれでよかった、と思っています。

今後は、事業を拡大していきたいと考えていますので、
新たなスタッフを迎える、という選択肢も視野に入れつつ、

仲間 として迎えられる人との出会いができるよう、
そういうチャンスに巡り合えるよう、
社長である私自身が外へ出る機会を増やしていきます。

 

4.未来

社長として。

産休明け、1年間お休みをしていた翌年、
まったくお仕事がなく(当たり前)、どうしようかと真剣に悩んだ2011年。

必死に仕事をして、私なりに考えられることを行い、
たくさんの方に助けていただき、
非常によい業績で終えた2012年度。

そして、2013年。
大きな反省として、目先のことに追われ(もっとも悪いパターン)
ときに、立ち位置を見失ったことも。

何度も、自分を軸に戻そう、戻そうと もがき苦しんだ秋。

次々と、大事なお仕事をまかせていただけた幸せ。

お客様に喜んでいただけたという実感。

反省点多いものの、
サムシングフォーとしては、2013年度はまだ途中だけど、
非常によい1年だったと、感謝の気持ちでいっぱいです。

さらに、2014年。
来年(来年度)は、未来への投資をしっかり行う1年にする。
そう、これは断言しないとできない。

時間もお金も、限りある小さな会社。

そのなかから、時間とお金を捻出をして未来に投資するのは
ある意味勇気がいること。

だけど、立ち止まっては何も生まれない、ということは
イヤというほどよくわかっているから。

走りながら考える。まずは、走ってみる。走りぬいて、
倒れるまで走って、その先に、キラリと輝く何かが見えることを信じています。

 

今年1年、お世話になったみなさま、
サムシングフォーを支えてくださった方々、

そして、

暖かな、そして大きな心で受け止めてくださった、尊敬する古屋社長ご夫妻。
こころから感謝しています。ありがとうございます。

サムシングフォーとして、大きく前進するチャンスとなるお仕事を
たくさんお任せいただいた、山元社長。本当にありがとうございます。

来年、確実に前に進み、飛躍の1年となるよう、精進してまいります。

 

今年も、無理ばっかりで、お願いごとばっかりで、
それでも、愛想つかすことなく希望にこたえてくださったマルチノーサさん、

年末に、全力でお仕事をしてくださった、だいずらぼさん、

心よりお礼申し上げます。

最後に、

いつも的確にアドバイスをくれ、支えてくれる取締役、後藤さん、ありがとうございます。

夫であり、わたしの苦手な分野をいつもカバーしてくれる興一さん、ありがとう。

すばらしい1年に、すべての方々に感謝を込めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行く年くる年2013年 プライベート編

 

いろんなことがありました。

会社も、プライベートも。

娘がアンパンマンを見ておとなしい間に、振り返りを。

今日は、プライベートから。

 

言い尽くせないほど、いろんなことがありました。

平然と(見えるように)日々を過ごすのが精いっぱいで、
ときに、倒れそうになったり、サジを投げたくなったり。

めずらしく、考えても仕方がないことを、グズグズ考える、なんてことも。

それでも、朝は来る。

どんなときでも、夜になれば、娘と一緒に
すんなりと眠れることに、毎日、毎晩感謝した日々。

はじめて、本気で神様に祈った時間。

この1年、がんばりました。

前に進めたかどうかは分からない。
だけど、強くなったと思う。とても。

娘を守る、という決断と、強い想い。そう、母は強いのです。

 

育った環境も影響していると思う。

いつも、人のことを優先させて、人の気持ちが最優先で、
自分が後回しだったなぁ、と思う。40年間。

だけど、2013年、自分を変えよう、と。

自分のやりたいようにやろう、と。

娘に誇れる人生にしよう、と決めた2013年。

まだまだ、だけど、だいぶ、
言いたいことを言えるようになってきたかなぁ。

これに関しては、まだまだ。来年は、自分がどうしたいのか、を
コトバにして表現すること。これもひきつづき、目標のひとつ。

 

心配をしてくださったみなさま、ありがとうございます。

力を貸して下さったみなさまに、感謝の気持ちでいっぱいです。

強気でいる姿をみて、声をかけずらかったのかも、と思ったりもします(笑)

ちょっとでも弱気になったら、すべてが崩れてしまうような気がして、
常に強気で。それが2013年の私。

乗り越えました。2013年。

そう、過ごした、というよりも、乗り越えた。なんとかして、乗り越えた。

だから、乗り越えたことに自信をもち、来年はジャンプッします。必ず。

大丈夫、きっとできるから。

 

いつも気にかけて心配して、手を差し伸べてくださったみなさまに、
心から感謝して、2013年のこり2日、大事に過ごします。

そして、2014年、晴れやかな笑顔でお会いできますように。

 

 

ピアノのおけいこ

 

「おんがくをならいたい」

と娘(3才)が言い出した。なるほど、やっぱり。そうきたか。

赤ちゃんのころから、鳴り物のおもちゃが大好き。

今年のサンタさんへのリクエストは、太鼓だった。(しぶい・笑)

笛、リコーダー、カスタネット、おもちゃのオルガン、太鼓。

音が好きなんだろうなぁ、と思っていた母。彼女のリクエストに、納得。

「おんがく」というリクエストなので、

自宅にワタシが使っていたピアノがあるし、

ピアノを習うことにしました。

といっても、3才なので、はじめはリトミック、になるかなぁ。

本当はバイオリンとか、いいなぁ、と思うけど、
バイオリンは、成長にあわせて楽器の買い替えが必要だし、
なんといっても、授業料がお高い!

いま、ピアノの先生を探し中です。

彼女の好きなこと、やりたいと思うことを、
やりたいと思ったタイミングでやらせてあげたい。母の願い。

昨日、20年ぶりに自宅でピアノをひいてみた。
当然ながら、ぜんぜん指が動かず。
コンクールでひいた曲の譜面も、まったく思い出せない状況。とほほ。

ピアノ、ワタシもまた習いたいなぁ。

 

 

かぼちゃパン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日から、年末年始のお休みをいただいているわが社。

休みの日といえば、楽しみは趣味の時間。パン作り。

朝から生地を仕込み、仕事をしながら一次発酵、二次発酵。

今朝は、かぼちゃの生地にクリームチーズを入れてみた。

美味しい~。最高!

 

ライティングの師匠が「ワタシの辞書にシゴトおさめという文字はない」

と言っていたけど、同じく。

ちょこちょこ仕事をしつつ、師走の時間を過ごしております。

 

早起きしすぎて、娘の昼寝のときに、

一緒にグッスリ寝てしまい、起きたら、

トイレとお風呂の大掃除が終わっていた。夫よ、ありがとー!