実話だから説得力あり

 

いまや、入籍するカップルの半分しか「結婚式・披露宴」をしない時代。

結婚式の意味や価値が迷子になっていて、
いまどきのカップルが、どんどん離れて行っている状態です。

結婚式は一生に一度の大切な時間だってことを、
ウエディング業界の人間が、声高にいったとしても、なかなか「ナシ婚」のカップルの耳には届かない。

だけど、この1冊を読めば、きっと考えは変わってくるんじゃないかと。

小さな幸せに気づくウエディングSTORY.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式で起こった奇跡、小さなストーリーがぎっしり詰まった1冊。
すべてノンフィクションというから、驚きです。

目次をみると、

・サプライズ・ほのぼの・しみじみ・ちょっぴり笑える・まさかのハプニング・花嫁の手紙

などなど、興味津々な項目がズラリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本に収められているお話は、どれも、新郎新婦にとっては、
一生の宝物になるに違いないストーリーばかり。

そして、なによりも、元ウエディングプランナーとしては、
こういう心がうるおう、ミラクルな瞬間があるからこそ、

この仕事は、最高なんだ、と思える内容でした。

ナシ婚!と決めているカップルにも、
結婚の予定はないけど、結婚式に興味がある若い方にも、
毎日忙しく働いてちょっと疲れているウエディングプランナーにも、
そして、これからウエディングプランナーを目指しているピヨピヨのプランナーのタマゴちゃんにも、

おすすめです。

わたしは、一読したけれど、いまから、もう一度じっくりと読んで、
感動と心あたたまる時間を、もう一度味わいたいと思います。

 

最後になりましたが、わざわざ、大切な1冊を贈ってくださった
ウエディングパークの瀬川由絵さんに、心からお礼申し上げます。
ほのぼの、そして感動の時間をありがとうございました!

 

白目にシミが

 

目の調子が悪く、コンタクトレンズが入れられず、眼科へ。

白目の部分の一部が盛り上がっているように見えて気になり、先生へ尋ねたら

「あぁ、それは、シミですよ。肌が紫外線でシミができるのと同じように、
目も、紫外線にあたるとシミができるからね」

という衝撃のひとこと。

目にシミ?!肌のシミだけでも気になるのに、目にシミ!(←繰り返すぐらいショック)

数年前にお気に入りのサングラスを失くし、そのままサングラスを付けずに過ごしたここ数年の夏。これがいけなかったのか?
近いうちに、サングラス、買いに行きます。

それにしても、目のなかにシミ!?(←相当、ショックで凹んでいる・苦笑)

ピアノコンクール リハーサル

近づいてきました。娘(5歳)のピアノコンクール。

ピティナのコンクールに出場します。地方予選の初戦は7月5日。
あと、3週間しかないよー。

子どもは体調を崩すこともあるので、予選は2箇所(地域を変えて2回)受けられます。

先日、ピアノコンクールのリハーサルを、大きなホールを借りて先生が主催してくださり、娘も参加。
娘のピアノの先生は、生徒さん20人近く、ほぼ全員がコンクールに毎年出場します。
これって、すごいことらしい。教え方が本当に上手で、分かりやすく、大好きな先生。
ママも、絶対の信頼を置いている先生です。この先生に出会えて、本当によかった♪

課題曲が難しく、毎朝1時間、夕方1時間、合計2時間程度、娘と自宅でお稽古。

ママの生活は、いまや娘のピアノレッスンが中心となりつつあり、
お稽古を考えるだけで、クラクラ・・・。

毎日がんばっている娘。なんとか、予選は通してやりたい。

今日も、お稽古は続きます。

写真は、リハーサルのとき、休憩時間にオニギリを食べる娘☆

 

ビジネスモデルも考える

 

お客様のホームページ原稿を作成中。なんとか明日までのめどをつけないと。

新規事業のホームページなので、ターゲットや商品構成なども
お客様にご提案できるように(正式に依頼されているわけではありませんが、意見がほしいとのご要望もあり)
原稿を書きながら、アレコレ考えています。

なので、ものすごーく時間がかかる☆

なんとか、新規事業を順調に育てていただきたいので、ホームページをお作りする側も真剣です。
あっ、いつも真剣ですけどね。。。

では、原稿作成に戻ります。

乗り越える

 

仕事でかなりショックな出来事がありまして、相当凹んでいるのですが
(激励のメール、いつでも受付中です・苦笑)

大事なことは、今自分にできることを考えて行動し、さらに、

目の前にいらっしゃるお客様のために全力を尽くすこと!で、
お引き受けしている原稿作成や、ホームページ制作に向けて、朝から全力で取り組んでいます。

うろ覚えだけど、ある女性経営者の方、なにかの本かな?ブログかな?

「失敗して泥まみれになることを恐れていては、何も前にすすめない」

「失敗せずに欲しいものを手に入れようなんて、虫がよすぎる。」

というようなことをおっしゃっていて。

極端に怖がりの性格のため(信じられない方も多いでしょうが・笑)
石橋をたたきまくってわたる、という私の性格を、もっと積極的に、泥まみれになる覚悟をもって
仕事をしてかなきゃいけない、と思います。

這い上がる根性と気合をもって、仕事は真剣勝負。

今日も精一杯☆