実話だから説得力あり

 

いまや、入籍するカップルの半分しか「結婚式・披露宴」をしない時代。

結婚式の意味や価値が迷子になっていて、
いまどきのカップルが、どんどん離れて行っている状態です。

結婚式は一生に一度の大切な時間だってことを、
ウエディング業界の人間が、声高にいったとしても、なかなか「ナシ婚」のカップルの耳には届かない。

だけど、この1冊を読めば、きっと考えは変わってくるんじゃないかと。

小さな幸せに気づくウエディングSTORY.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式で起こった奇跡、小さなストーリーがぎっしり詰まった1冊。
すべてノンフィクションというから、驚きです。

目次をみると、

・サプライズ・ほのぼの・しみじみ・ちょっぴり笑える・まさかのハプニング・花嫁の手紙

などなど、興味津々な項目がズラリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本に収められているお話は、どれも、新郎新婦にとっては、
一生の宝物になるに違いないストーリーばかり。

そして、なによりも、元ウエディングプランナーとしては、
こういう心がうるおう、ミラクルな瞬間があるからこそ、

この仕事は、最高なんだ、と思える内容でした。

ナシ婚!と決めているカップルにも、
結婚の予定はないけど、結婚式に興味がある若い方にも、
毎日忙しく働いてちょっと疲れているウエディングプランナーにも、
そして、これからウエディングプランナーを目指しているピヨピヨのプランナーのタマゴちゃんにも、

おすすめです。

わたしは、一読したけれど、いまから、もう一度じっくりと読んで、
感動と心あたたまる時間を、もう一度味わいたいと思います。

 

最後になりましたが、わざわざ、大切な1冊を贈ってくださった
ウエディングパークの瀬川由絵さんに、心からお礼申し上げます。
ほのぼの、そして感動の時間をありがとうございました!

 

「幸せをつくるシゴト」

 

ウエディングに関する本だから読んだ、というわけではなく、
ウエディングに関係ない事業をされている女性経営者の方が

「すごくよかった。おすすめ!」

とブログで紹介されていたので、何も考えずアマゾンの購入ボタンを押して購入した1冊。

幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

 

幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法

 

タイトルのとおり、完全オーダーメイドのウエディングビジネスを成功させるまでの

経緯が紹介されています。

「紹介」とひとことで表現するのが申し訳ないほど、
たくさんの困難と、自分自身を乗り越える(向き合う、信じる)という作業を
繰り返し、繰り返し行ってきたキセキ。

本当のオーダーメイドウエディングとは、こういうものだ

ということが、この1冊を読めばリアルにイメージできるし、
ウエディングプランナーさんなら、
いまご自身がやっているシゴト(作っているウエディング)とのギャップに驚くはず。

 

本の帯には「キャリアに迷うすべての人へ!」というキャッチも付いています。

冒頭お話した、某女性経営者の方が紹介されていたこの本の切り口も
「キャリア」を自分の手で開拓していく、手に入れていく、という視点。

自分の人生に責任をもつ、自分の人生を大切にする、
自分の人生について、そもそも何がしたいのか自分自身と向き合う。それもとことん。

↑できそうで、なかなかできないこと。

一番好きな文章は

 

「こうやって生きたい」という凛とした意志だった。
人は誰もが自分の価値、やりたいこと、好きなこと、進むべき道を知っている。
あとは、直感や感性という自分の声に、素直に耳を傾けられるかどうか。
シンプルなことなのだ。

———————本文より抜粋

本では、自分を取り戻すために一人旅に出たこと、
そこで起こったこと、感じたこと、体験したことが綴られています。

自分と向き合う、という作業は、いまの環境とはまったく違うところに
身を置いて、ゆっくり時間をとることも、方法のひとつなんだ、と。

「自分の人生に責任を持つ」

自分が何をしたいのか、この本に書かれているぐらいの情熱をもって、
何をしたいと思っているのか、読んでいる間は、常に自分自身に問いかける1冊です。

[amazonjs asin=”4062188880″ locale=”JP” title=”幸せをつくるシゴト 完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法”]

=================================

毎朝ウエディング&ホテル業界向けのニュースをメールマガジンでお届けしています。
購読無料。情報収集に、ぜひどうぞ
http://www.something4.jp/email-magazine/

女性起業家・仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)など講演やセミナー講師も承ります。
お問い合わせはこちらからどうぞ
https://www.something4.jp/contact/

おデブ習慣から脱出作戦

 

間違いなく「太りやすい家系」だと思う。

いつも、「ケーキを見るだけで(食べなくても)太る」って思ってしまう。
空気を吸っても太る、という感覚(笑)

遺伝とともに、おデブになる習慣があるに違いない
と思っていたときに出会った1冊。

どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる10kgヤセました (コミックエッセイ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンガで書かれていて、とっても読みやすい。

「空気を吸っても太る」と言い切るおデブちゃんの言い訳を
一刀両断しているところとか(汗)

アイスクリームがやたらと食べたくなるときの処方とか、
「食べる」ということの正しい知識とか、

おデブ習慣を、各種タイプに分類されていて、
それぞれの対処法が記されています。

もっとも参考になったのは「ゴハン(お米)」を食べるということ。
(満腹感が得られるので、結果的にオヤツを控えやすい)

そして、水をしっかりと飲む、ということ。

参考になりました。

そもそも・・・わたしの食習慣は、
ホテルにつとめてウエディングプランナーをしているときについたもの。

ウエディングプランナーをしていたときは、
早食い(基本は3分飯)&ドカ食いは当たり前。

だって、従業員食堂では、早く食べないと、
いつ、食堂の内線電話が鳴って、ブライダルサロンから

「人が足りないからサロンに帰ってきて!」とか
「お客様がアポなしできたよー!」とか、

呼び戻されるかわらない。

おうどんを目の前にして、泣く泣くブライダルサロンへ
降りたことが、昨日のことのようです。従業員食堂のおばちゃんは
そんな姿をみて「かわいそうに・・・」と、おうどんを置いておいてくれるんだけど、
わかりますよね?置いておいた“おうどん”が数時間後、どういう状態になるのか。

それでも、5時間前につくられた“おうどん”を食べに従業員食堂へ
駆け込み、ひえた“おうどん”を一気に食べる!

という、今思えば病的な食習慣でした。

当然、食べられるときに食べておかないと、
次に食事ができるのは、いつかわらかない!という状況ゆえ、
食べられるときは、ガンガン食べる!食べる!

あの習慣が染み付いて、いまに至っています・・・(抜けきれない・・・涙)
まずは、ここから改めないとなぁ。

腹八分目!ゆっくり食べる!

 

一万歩を目指してウォーキングを書籍では勧めていて、
ぜひやりたい!と思うものの、仕事をしていて、小さい子どもがいるワタシには、
たった30分のウォーキングの時間確保も、結構大変だなぁ、と。

ブツブツ言っていても仕方がないので・・・ウォーキングシューズを買って、
テンション上げて、近々ウォーキングを始めよう♪

おデブ習慣にサヨナラするきっかけをくれる1冊。
納得の内容でした☆

 

=================================

毎朝ウエディング&ホテル業界向けのニュースをメールマガジンでお届けしています。
購読無料。情報収集に、ぜひどうぞ
http://www.something4.jp/email-magazine/

女性起業家・仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)など講演やセミナー講師も承ります。
お問い合わせはこちらからどうぞ
https://www.something4.jp/contact/

 

半径5メートルの野望 を読んで

 

42才のわたくし、明らかにこの本のターゲット層とはかけ離れている、と思い、
(メインターゲットは20代ではないかと思われる)

この本のアマゾンの購入ボタンを押すまで、1日ほど時間がかかりました(でも、悩んだのは1日だけ・笑)

その後、いろいろな方のブログで絶賛されている記事を読み、
ムズムズしてきて、購入! いまは、amazonは、この本は品切れしているそうです。(1/19現在)
あのとき、さっさと買っておいてよかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半径5メートルの野望

 
本を読んで、感想は一言に尽きます。「エネルギー爆発している本」で、
「読んでいるうちに、わたしもエネルギーが爆発する」 そんな1冊。

わたし、こんなことで悩んでいる場合じゃないな、とか、
失敗を怖がっているなんて、人生の時間がもったいないな、とか、

とにかく、どんどん前に進まなきゃ!と、いい意味で気持ちをせかして、
前へ前へと動かしてくれるパワーが詰まっている。

—————以下 本から抜粋

・誇りは努力と葛藤からしか生まれない
・強いフリをすることと、本当に強いことに、どれほどの違いがあるでしょうか
・誰からも愛され、批判は受けず、無傷でいたいなんていうのは虫が良すぎますよね
・やりたいことをやるために、やらなくてはならないことをやる
・人生を作るのは行動だけ
・覚悟というのは、運を運んできてくれる
・成功しているからキラキラしているのではなく、頑張り続けているからキラキラしている
・人生とは「何が起きるか」よりも、そこから何を得るのか

——————————-

メモをしておきたい言葉は、上記はほんの一部で、まだまだ他にもたくさん。
いっぱいありすぎるので、自分用のメモとして残しておきます。

著者の20代の「はぁちゅう」さんに、自分の人生を生き抜くパワーをもらいました。
(わたし、42歳・・・)

20代のころに、この本を読みたかった、というのが、一番の感想かなぁ。

間違いなく、パワーをもらえる本。
いまから、もういちどじっくり読み返します。

 

=================================

毎朝ウエディング&ホテル業界向けのニュースをメールマガジンでお届けしています。
購読無料。情報収集に、ぜひどうぞ
http://www.something4.jp/email-magazine/

女性起業家・仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)など講演やセミナー講師も承ります。
お問い合わせはこちらからどうぞ
https://www.something4.jp/contact/

 

天気の話とホテルマン

 

ホテル&ウエディング専門学校の授業で、必ず一例としてあげる話題。

この本の1節を用いて話をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憂鬱でなければ、仕事じゃない
——————-

天気の話でコミュニケーションを図る
ホテルマンは最低である

結局、人を動かすのは言葉である。
なにげなく、つい無造作に交わしている会話に敏感になること、
それが有能なビジネスマンになるための第一歩だ。

——————-

厳しい一言だけど、事実だと思う。
ホテルマンは、お客様それぞれにあう言葉かけをするのが仕事。
それができて、はじめてプロと認められる。
誰にでも当てはまる天気の話は、誰が声をかけられても楽しくないし、
「いいお天気ですね」と言われても、そうですね、としか答えられない。

——————-

打率三割三分三厘の仕事哲学

勝った時こそ冷静になり、ここは次の負けを招く要因が潜んでいると
思わねばならない。成功体験は成功した瞬間に捨て去るのが、一番美しい。
成功は一通過点であり、すぐゼロに戻すのが健全なのだ

——————-

難しい。ものすごく、難しいと思う。↑
成功すれば、その成功の余韻に浸っていたいと思ってしまう。
その余韻に足元をすくわれる、ということは多々あるのも事実。

よく切れるナイフのような切れ味が厳しくもあり心地いい、
本を読みながら、反省することも多い1冊でした。

 

=================================

毎朝ウエディング&ホテル業界向けのニュースをメールマガジンでお届けしています。
購読無料。情報収集に、ぜひどうぞ
http://www.something4.jp/email-magazine/

女性起業家・仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)など講演やセミナー講師も承ります。
お問い合わせはこちらからどうぞ
https://www.something4.jp/contact/